Marchen Velo

幸いなる地を駆け巡る、とあるヴェーロの自転車日記

嵐山

 弁天橋西、0℃。R25奈良県に入る。藤井で大和川の右岸に渡って明治橋へ走り、r184とr185を繋いで竜田大橋にでる。再び国道を法隆寺前に進み、門前町をぬけてr9に入る。車が少ないのでそのまま奈良市へ走り、二条大路南からr1、R369を般若寺に進む。そしてr754からr44を梅見台につく。中村屋でトイレをかり、温かい飲み物をかって休憩する。再出発するが、後輪がグニュグニュ…。ちっ、新年早々パンクか。タイヤにささっていた金属片を抜取ってチューブをかえる。県道をでて城山台をぬけ、r47を泉大橋の南詰に進む。木津川の自転車道に入って八幡市へ向う。向い風の中をゆくと、結構な数の自転車乗りをみかける。石清水八幡宮に出入りする車を横目に御幸橋につき、さくらであい館の広場で休憩する。館の営業は4日からだ。


八幡森垣内

 桂川自転車道に入って嵐山へ向う。京川橋で自転車道をで、r202を東土川に進む。久世のめし屋食堂で昼食にする。
 R171で久世橋にでて自転車道に戻る。R9の西大橋下からはそのまま川沿いの遊歩道を上野橋に進む。そして車道に上って松尾橋からはr29に入り、嵐山につく。


罧原(フシハラ)―風呂ノ橋の堰

 正月も変らず観光客が多いので一休みすることなく清凉寺へぬける。続いて、向きを東にかえて広沢池から仁和寺へ走り、r101に乗換えて北野白梅町におりる。


広沢池

 歩道をうめる参拝客と左側車線の駐車場待ち車列を左にみて北野天満宮につく。人混みの中を参拝する気はなく、ここから帰途につく。中立売通から七本松通御前通と南へ走り、R171に至って久世橋に戻ってくる。久世橋、9℃。再び桂川自転車道に入って御幸橋へ走る。さくらであい館の自販機で何かホット&スイートな飲み物を求めるものの、お茶以外は全て売切れている。淀川の整備道に入って大阪市へ向う。追い風のはずだが疲れているのか脚が回らない。豊里大橋で庭窪の浄水場工事のために上らされていた自転車道をおり、R479からR1、そして今里筋を南へ帰宅する。166km.