Marchen Velo

幸いなる地を駆け巡る、とあるヴェーロの自転車日記

嵐山

 弁天橋西、9℃。R25奈良県に入る。亀の瀬で新橋をわたって龍王社の桜園にたちよる。今日は毎年恒例の花見ラン、来週のほうが見頃なのだが。藤井から大和川北岸に渡って明治橋へ走り、r194とr195を繋いで竜田大橋に進む。再び国道を法隆寺前に進み、門前町をぬけてr9に入る。大和郡山市へ走り、奈良口からr41をへて佐保川沿いに桜並木を流し見ながら奈良市街へ向う。大宮町のr1に突当ってデイリーカナートによる。昼食の弁当をかい、コーラをのんで休憩する。近鉄新大宮駅の東の筋を大宮橋へぬけて再び川沿いをゆく。JR大和路線の踏切を跨ぎ、下長慶橋まで自転車からおりて花道を歩く。咲き具合は物足りないが雰囲気がいいので楽しめる。

f:id:velo1013:20190404193404j:plain
佐保川、川路桜祭り会場

 シダレザクラが七分咲きの大仏鐡道記念公園を後に佐保山へ駆上がり、r44におりて梅美台に進む。続いて城山台の住宅地を縦断、r47には入らずに木津川の未整備堤防道を泉大橋南詰へぬける。木津川の自転車道に入って八幡市へ向う。玉水橋過ぎから近鉄京都線手前にかけては向い風に往生する。野尻にくるとまた堤防道の補修をしている。堤防下の集落の中を適当にぬけて工事箇所をパスする。

f:id:velo1013:20190404193406j:plain
野尻、堤防の天場を補強工事中

 流れ橋の休憩所をすぎて御幸橋につく。もう昼すぎじゃないか、こういう日は嵐山が遠い。満開には早いので背割堤への花見客は比較的少ない。さくらであい館の自転車置場が例年どおり封鎖されているので、誰が始めたか分らないが堤防の斜面に自転車をねかせておく。トイレをかり、宇治川を見下すテーブル席で昼食にする。冬眠からおきだしたらしい自転車乗りが特に多い。
 桂川自転車道に入って嵐山へ向う。堤防の斜面の黄色い菜の花が鮮やかだ。桂川緑地公園にくると、JR東海道本線への堤防上の桜並木が倒れたり傾いたりしている。ヤマザクラのほうはそんな状態にもかかわらず濃いピンクの花をつけている。嵐山東公園にくると掻き曇った空から雨がふってくる。大した雨ではないが、今日の空模様は安定しない。

f:id:velo1013:20190404193405j:plain
桂川緑地公園

 大勢の観光客が往来する嵐山の中ノ島公園につく。自転車をおして西の大堰まで観桜散歩してから折返す。京川橋で一旦でて赤池のジャパンで間食をとる。御幸橋にもどってき、背割堤も少し見ていこうかと思ったが時間がない。淀川の整備道に入って大阪市街へ向う。牧野パークゴルフ場にさしかかると子供の並列道塞ぎ走行にでくわす。声をかけるのも面倒なので堤防に上って自転車道を久しぶりに走る。こちらも菜の花がさきほこっている。枚方の河川敷公園で整備道におり、守口の浄水場の工事で再び上らされた後はそのまま自転車道を豊里大橋に進む。R479におりてR1から今里筋に繋ぎ、帰宅する。162km.