Marchen Velo

幸いなる地を駆け巡る、とあるヴェーロの自転車日記

加茂-初瀬、石仏あり

 弁天橋西、1℃。R25奈良県に入る。藤井から大和川北岸に渡って明治橋へ走り、r194とr195を繋いで竜田大橋に進む。再び国道を法隆寺前に進み、門前町をぬけてr9に入る。大和郡山市へ走り、奈良口から秋篠川自転車道を三条大路に進む。三条通に入ってオークワにつき、昼食の弁当をかう。やすらぎの道に突当って北へと向きをかえ、r44に入って加茂町へ走る。南加茂台の北縁を回り、r47を北下手へ上る。県道をでて高去、勝風と更に上る。蝋梅や小さい梅の木が花をつけている。看板がみえたので、赤地蔵を拝んでゆく。みえない所で残り雪が日差しにとかされているのか、プチプチと音がする。ゴルフ場からきている道に合流し、アップダウンを繰返しながら大畑の廃棄物リサイクル工場前に進む。

f:id:velo1013:20190215200222j:plain
赤地蔵

 r47からr752、r33と経由し、安郷川沿いの細い道を園田町の集落を通って平清水口へぬける。続いてR369を大慈仙へ走り、r184に乗換えて誓多林町へ上る。上誓多林で西へおれて石切峠による。峠の茶屋は営業をしていないようで、主人が焚火をしている。トイレ小屋のベンチで昼食にする。
 誓多林町を東へ下る。集落をぬけると冷気がたまっているのか異様に寒い。白砂川西岸にでて南へ走り、田原からr47を経由して長谷町に進む。温かい缶しるこを自販機でかってひえた指を温め、南田原の磨崖仏を見仏する。

f:id:velo1013:20190215200223j:plain
南田原磨崖仏

 一台峠へ続く林道は工事中のようだ。左の山側にお堂、右のそれに六地蔵が見下す峠に上って上山田におりる。ナパラGCの西脇から春日台CCの中をゆく道を通って山辺校の東横にでてくる。r38を藺生町に進んで農免農道に入る。小夫嵩方の集落の手前で寝地蔵をみつけてお参りする。

f:id:velo1013:20190215200224j:plain
寝地蔵

 田圃の広がる小夫嵩方をぬけて芹井で農免農道は終るが、幅が狭くなった道を白木、萱森の諸集落の辻を繋いで昇降を重ねつつ進む。案内板に初瀬の文字がでてきたところで一気に下りにかかる。この道を反対に上るのは辛いだろうな。まほろば湖の畔につき、再びr38に入る。初瀬ダムの下から長谷寺の通りをぬけて初瀬におりつく。R165に入って桜井市街へ下り、オークワで間食をとる。r105を香芝市の西真美へ走り、R165からr703に繋いで穴虫峠をこえて大阪に入り、帰宅する。125km.