Marchen Velo

幸いなる地を駆け巡る、とあるヴェーロの自転車日記

シートピラーの取替

 最近、サドルの座りがおかしいなと思っていたところ、二本締めシートピラー(日東・S-83)の前の方のボルトがおれてしまった。そのためにサドルなしで走らざるをえなくなり、15キロを立ち乗りさせられる羽目になる。
 帰宅後、シマノ600のシートピラーをひっぱりだしてきて取替る。

高原とやまなみの広域農道

 弁天橋西、0℃。ここにきてようやく冬の気温になった。R25奈良県に入る。藤井で大和川右岸に渡ってr185他を竜田大橋へ走り、猫坂から斑鳩町役場へぬけ、藤ノ木古墳の角から法隆寺山内を通ってr9に入る。晴れているが、これからゆく東の山地にはダークグレーの雲がかかっている。奈良市街へ向い、四条大路のオークワにつく。トイレをかり、昼食の弁当をかって温かいミルクティーをのみながら休憩する。r1からR369に入って奈良公園に進む。コヴィドのせいで観光客が少ないためか、鹿が道路にでてきてせんべい欲しげにこちらをみてくる。山中に進むと道端に薄らと雪が残っている。生琉里町へ上り、数回のアップダウンをへて柳生町におりつく。観光トイレをかりてでてくると雪がちらついてきた。この後の山間部の天気は、曇り時々雪、稀に日差しがでるといったところ。r4に乗換え、もう一山こえて湖畔の里つきがせに到着。八幡橋を背後にする高台の休憩小屋で昼食にする。やいた生しいたけや餅もたべたかったのだが、来週から始まる梅まつりからのもののようだ。梅の花は(下の写真の木々はぼちぼち花をつけているが)まだ早い。自販機の温かいお茶と餡入り草もちをデザートにいただいて出発する。

f:id:velo1013:20200214122357j:plain
桃香野、太郎谷

 県道を少し戻って大和高原広域農道に入る。間にr80を挟んでアップダウンを繰返しながら上深川へ上る。旧月ヶ瀬村の沿道には梅の木がうえられているが、こちらも開花は先の話。ロードバイクのような軽い自転車なら下りの勢いで上りをクリアするジェットコースター的走りができて楽しいのだろうが、準ツーリング車のこっちはそうはいかずに厳しい。工場が脇にある終盤の路面は傷んでいる。広域農道が終ってr127におりたところでズブズブ…パンクか。ヘアサロンの自販機スペース前をかりてチューブ交換する。こんなくっそ寒い時にたまらんな。えっと、パンクの原因は……あかん、わからん。というか、チューブに空気が入りません。目立った物はささっていないので、とりあえず新しいチューブと取替る。そしてインフレーターから空気がもれるのは、バルブを奥に差込みすぎだとわかってなんとか作業をおえる。自販機の缶コーヒーをかって一息ついてから出発する。

f:id:velo1013:20200214122425j:plain
大和高原広域農道

 名阪国道の下を潜って奥宇陀広域農道(やまなみロード)に入る。入口でタイヤの空気をもう少したし、忘れていたブレーキのパッド出しをする。壇の山の東まで上って三本松へ下るのだが、その下りの中に上り返しが数ヵ所あってきつい。痛たた、腰にきた。最後はR165を跨いで室生トンネルへ上り、龍穴神社前におりてきてフィニッシュ。お参りの車が結構とまっている。神社脇のトイレをかりて休憩する。

f:id:velo1013:20200214122441j:plain写真
やまなみロード、漸く三本松におりてきた

 r28を大野へ下り、室生ダムをへてR165に上る。そのまま榛原へ下り、R370からr198を女寄峠下へ緩々上る。そして、R166に繋いで桜井市街におりてくる。r200他で市街をぬけた後、r105にのって香芝市へ向う。途中、常盤町のオークワでお握り他を腹にいれる。西真美でR165におりて穴虫に上り、r703に繋いで峠をこえて大阪に入り、帰宅する。147km.

大淀町は東に橋本市は西に

 r27からR309を水越峠へ向う。晴れ、水分で2℃。トンネルとの分岐から峠に上る……ジャティックさん、何で通行止情報をけすんですか。温い水越トンネル最高や!峠道の復旧なんかいらんかったんや!無駄足をふんで名柄におり、r30からr261を小和町へ上る。ハァハァ…ここは金剛山山麓でしんどい。そして五條市の田園に下りつき、Aコープで休憩する。トイレをかり、温かい缶コーヒーをのむ。今日はここから東の大淀町や西の橋本市へ、東奔西走サイクルライフADVするのだ。今始まる私たち(ヒロインはでません)のストーリー!まずは東へ向う。田園の住宅街を東へぬけて京奈和自動車道の南におりる。そして旧道(多分)でゴルフ場に挟まれた荒坂峠をこえる。r705に繋いで三在町におり、R24をへてR370を大淀町へ走る。山場の宇野峠をこえ、大淀町に入って吉野川右岸沿いをゆく。町の中心部南の岡崎でR309に乗換え、対岸に渡ってr39を西へ折返す。
f:id:velo1013:20200206194459j:plain
ボクたち、ごんたくん。下市町を忘れないでね!

 吉野川左岸沿いを走る。滝町の川幅が狭まっている箇所で、カヌーが川上りの練習をしているのがみえる。そこから少しいった公園のトイレ場で小用を足す。そして道は右岸に移って旧国民宿舎・五條緑水苑前を通り、五條市街の今井町におりてくる。R24に入ってイオンに到着、弁当をかって昼食にする。

f:id:velo1013:20200206194524j:plain
滝町、吉野川

 午後からは西へ向う。国道を本陣におり、R168からr138他とr137で野原町の町外れに出、農免道路(おそらく。橋本市の恋野には看板有)を橋本市へ。丹原町でのR168を挟んで、アップダウンを繰返して走る。表野町の三角点がある児童公園で休憩する。北東の方に五條市街が見渡せる。二宮金次郎コスプレをしたお釈迦様のそっくりさん彫像の先には神社もある。橋本市に入って赤塚におりてき、r55からR370を橋本市街につく。まだ時間が早いのにマツゲンに引寄せられておやつにする。ロールケーキも節分商品なのか。次は五條市へ戻る。橋本駅の東から運動公園へ上って紀見におり、東谷川の沿道から小峰台に上る。そして、住宅地下の幹線道よりr731におりて農免道路に入る。上山内まで上るが、山間部にくると道が傷みがちになる。途中、不動山の巨石というのにも気を引かれるが、時間がないので諦める。ドライブ目的の車が結構行き交う。ピークから五條市側へ下る。紀伊山地の山並みや西吉野の丘陵、この辺りの農村風景がいい。中之町におりつき、R310に乗換えて五條市街へ下る。

f:id:velo1013:20200206194542j:plain
農免道路を五條市側へ下る

 本陣交差点の歩道でブレーキのパッド出しをする。R24を二見に進み、r731に入って再び橋本市へ向う。住宅地や工業団地の開発がすすむ金剛山地の裾野を細い道がゆく。小峰台下に戻ってき、もう一丘こえて県道の終点、御幸辻駅前に到着する。これにてオペレーション完了でサンクスありがと。明日への気分は重いでを紡ぎながら帰途につく。R371の橋本バイパスに入って三石台に進む。ああ、林間田園都市駅前にマツゲンがあるのか。柱本に上りつくと新しいトンネルが姿をみせている。石仏バイパスの一部として自動車専用になるのだろう。

f:id:velo1013:20200206194559j:plain
R371、車ノロノロならば穴二つめ

 今年初なのでトンネルを使わず紀見峠に上ってから河内長野市街へ下る。七つ辻でR170に乗換えて錦織へおりる。自販機の缶コーヒーで糖分を補給の後、石川右岸に渡って堤防道を川西大橋に進み、南河内サイクルラインに入って北へ帰宅する。139km.

十三峠と信貴フラワーロード

 早朝の雨とまだ降る降る詐欺のせいで昼過ぎからでかける。安堂の柏原市リビエールホールでトイレをかりた後、R170を北へ向う。水越東で国道をでて大竹7丁目に進む。経法大の前を通って十三峠へ上ってゆく。この道は勾配がきつく、大阪平野への眺望がきくので苦手だ。特に八尾農免道との合流点から暫くの間は難儀する。追抜いてゆく車がはきだす不完全燃焼の排気ガスが臭いのもたまらない。やはりこの時間、ロードバイク乗りが多く走っている。峠への道程が終盤にきたところで、まだ行った事がない水呑地蔵院によっていく。ここも下界が見渡せるので腰がひける。地蔵尊にお参りし、弘法大師の霊水を…寒くてのまないからいいか。駐車場に戻って再びの苦行の後、十三峠に上りつく。峠下の広場には車が多くきている。

f:id:velo1013:20200201000517j:plain
水呑地蔵院境内

 信貴生駒スカイラインの下より信貴フラワーロードにおりて櫟原まで下り、更に集落から緑ヶ丘の住宅地を通って近鉄元山上口駅におりつく。R168に入って秋津橋に上り、平群バイパスに乗換えて近鉄東山駅へ切返す。プライスカットでおやつにする。信貴フラワーロードに入ってアップダウンにもまれながら信貴山へ上る。小菊の産地だそうだが、この時季は寂しい。勢野でr236に合流し、朝護孫子寺前をすぎて信貴山西町まで上り、三室園東口に下って農業公園のどか村へ上り返す。閉園時間はすぎており、薄暗くなってきている。市道に繋いで南へ下る。アコーディアのゴルフ場をすぎて大平寺の分岐にくる。大県の方へ下れば大阪市街のきれいな夜景がみられるのだが、高い所は苦手なので地味な高井田の方へ下る。

f:id:velo1013:20200201000537j:plain
見よ、あれが国分の灯だ

 JR・高井田駅西におりつき、r183からR25を安堂に戻ってくる。最後、大和川右岸の堤防道を西へ帰宅する。52km.

明石

 R1からR2を神戸市へ向う。武庫大橋東詰で6℃、今日は気温があまり上らないようだ。本山南町グルメシティでトイレをかり、コーヒーブレイク。ここは2階にトイレがあるので面倒臭い。徳井で国道から山手幹線にあがって長田に進み、r21他に繋いで須磨に達する。R2に乗換えて明石へ向うが、天気はすっかり曇って海の景色がさえない。この海沿いの道にくると自転車乗りやランナーが多くみられる。明石市に入り、道路拡張途上のネロ未遂区間を通って明石駅前につく。r52で茶園場町のマックスバリュにいって弁当をかう。イートインコーナーがないので明石公園の剛ノ池の畔で昼食にする。池には貸しボートやスワンが浮び、野鳥が行交う。

f:id:velo1013:20200123120512j:plain
明石城

 明石城跡によるが、時間がないので少し入ったところで帰途につく。魚の棚の喧騒を横にみてジェノヴァライン乗場へぬけ、R28をJR朝霞駅向いに進む。途中、大蔵海岸公園で海と明石海峡大橋をみながら遊輪させて楽しむ。

f:id:velo1013:20200123122027j:plain
大蔵海岸

 R2に入って神戸市へ向う。西舞子での対向車線、車の事故の処理のために後続の車が大橋辺りまで渋滞している。お気の毒に(トロピコの秘書官風に)。塩屋町から須磨本町までは珍しい女性の一人走りロードバイク乗りをペースメーカーにゆったり走る。よほど遅くない限り、ロードバイク乗りを抜き去るのは躊躇してしまう。神戸市街に入って税関北の公園でトイレをかりる。岩屋からはR43にのり、阪神高速下の防音壁と車の流れに挟まれたレーンを高速走行(当社比)する。今日は他にオトモダチがいなくて残念。甲子園球場をすぎたところで集中力がきれたので、鳴尾で国道をでて小曽根線をR2に繋ぐ。武庫大橋を渡って西大島のグルメシティで間食する。そして、それからは寄り道することなく大阪へ、今朝きた道を帰宅する。161km.